院長の想い

開業までの経緯と想い...

私は以前、工場に勤務していました。
鉄板や鋼材を溶接したり、ハンマーで叩いたり曲げたり、それは重労働でした。仕事の特性上、どうしても中腰でいる姿勢が多かったり、重い物を持ち上げたりする事が多かったです。要するに腰に負担の掛かる事が多かったのです。

最初にギックリ腰になったのは20歳の時です。思えばそれが16年に渡る腰痛との闘いの始まりでした。慢性的な張りや痛みが続き、年に一度か二度ギックリ腰になりました。あちらに良い整体院があると聞けば、行って施術を受けて、こちらに一回で治す先生がいると聞けば車を走らせたものでした。そして、様々な治療院で施術を受け、感じた事は、とてもやりがいのある仕事であり、自分の様に腰痛などで苦しんでいる人にとっては、無くてはならない存在だという事です。

そういった経験を通じ、やりがいのある仕事、そして自分と同じように腰痛で苦しんでいる人の役に立ちたいという想いが、この道(整体師)を志した大きな動機です。

当院の施術法は、SOT(仙骨後頭骨療法)です。開業以来、この施術法でたくさんの症状を改善してきました。改善された患者様の顔は、どの顔も喜びに満ちています。そんな笑顔が、私にとって本当に嬉しく大きな喜びであり、生き甲斐です。体への悩みや不安がある方を、少しでも笑顔にできるよう、精一杯、施術を行なって参ります。

一刻も早く、元の生活を取り戻し、毎日笑顔で...

腰が痛い、肩がこっている、頭が痛いなど、当院にはいろんな症状で来院されています。大小関わらず、どんな症状であれ、やはり気になりますし、患者様はツラい思いをしてらっしゃいます。

「このまま、この仕事を続けても良いのでしょうか?」と将来への不安を抱く患者様や、「もうスポーツも控えた方が良いのかな?」と趣味さえも諦めるしかないと思っていらっしゃる患者様もいます。当院はそのような不安に駆られている患者様が、元の生活を取り戻し、笑顔で毎日を過ごして欲しいと願っています。

当院に来院されるキッカケとケース...

ひどい頭痛で苦しんでいる患者様は、最初に整体院には来ません。まずは病院に行ってその症状を相談します。病院ではMRIなどの検査をしますが、大抵の場合は「異常なし」という診断を受けます。

逆にこの時点で「異常あり」という場合は、そのまま病院で適切な治療を受ける事になりますが、MRIなどの画像に何も映らなければ、「異常なし」となってしまうのです。それでも患者様が「頭が痛いんです」と訴えると、痛み止めの薬が処方され、だましだましの根本的な改善に至らないケースになってしまいます。

このようなケースの多くは、現状に耐えきれず、患者様自ら「もっと、何か良い方法があるかもしれない」とインターネット等で検索をされ、当院にいらっしゃっています。「ここが最後だと思ってきました」「ワラをも掴む思いです」と患者様の想いは本当に痛切です。

決してこのようなケースは少なくはありません。機械だけでは判断できない事もあるという事です。人間の体はとても複雑です。「痛い」などの症状が出ている箇所でも、まったく異なる箇所が原因だったりする場合もございます。病院がダメでも、決して諦めずに、一度当院にご相談ください。また、頭痛に限らず、腰痛や坐骨神経痛などの方も同じケースで来院されています。

女性だからこそ分かる、その悩み...

女性は、男性とは体自体の構造が違いますので、女性ならではの悩みが多くあります。私自身、長年便秘と生理痛に悩まされていた時期があり、とっても苦痛で大変でした。そんな私だからこそ、患者様のツラさや悩みが、よく分かります。また、整体師が男性という事で、話せず、恥ずかしい思いや、嫌な思いをされた方も多くいらっしゃると思います。決してあきらめないで、気がねなく、私にどんどん、打ち明けてみてください。

特に女性の方の悩みで効果的な「腸もみセラピー」では、整体とは違ったアプローチで改善していきます。これまでも多くの方に受けていただきましたが、「お通じが良くなった!!」「むくみや冷え症が良くなった」「2kg痩せました!!」という喜びの声をたくさんいただいています。女性特有のお悩みがある方は、ぜひ「腸もみセラピー」を受けてみてください。きっと何かが変わるはずです。もちろん、男性の方も受けていただけます。

整体日記 症例日記 無料託児サービス 腸もみセラピー モバイルサイト EPARKからだリフレ